ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 言葉の印象 ネズミの結婚式 | main | なはまやわ物語 >>
2012.10.13 Saturday

あかさた物語

”とある人のメモ書きからの物語”

注意:しっかり想像しながら読むこと。

あっちもこっちも印鑑証明ばっかりで、大変ね。
いいとこのお嬢さん育ちだから。
うるさい大人の言い訳の巣は、濃い紫に近いよ。
えらとえらの間に、きっとあの紙が挟まっている。
おいていくなら、午後まで待ってよ。

かんぺきに雲がかかった場合、延期です。
きんきんに冷えたカルピスです。
くびれを求めて300mの行列が…
けいけんしゃはすぐに手を挙げてください。
ここ一番、我慢が大事です。

さらはこちらへお戻しください。
しょうゆは左にあります。
すすまみれですが、50分後には着きます。
せっかちな男は嫌われて、せっかちな女は嫌われます。
そわそわしているのは、カバです。

たったの30分なのにイライラします。
ちょうせんはそれだけで美しいです。
つもりでやってると、つもりで終わります。
ていねいであっても、断られていることには変わりないね。
とうぶんの間は、青くなっています。


「な」へ続く→→→→

コメント
コメントする